4/8

 先日、7月4日に誕生日を迎え、ついに大台50才になりました。全く自覚無しな50才。



7月に入ってからの一大イベントと言えば、富士登山を敢行したした事で、それについてあれこれ書きたかったのですが、やはり頂上での天候不良でご来光が見れなかったというのが、かなり心残りになっていまして、いつの日かまた再チャレンジした時にでもという思いです。

でも、頂上に達した時の感動は一入でしたよ。また改めて具体的に書きたいと思います。



今年の夏はライブ三昧な予定で、それもロックモード全開なアーティストが多く、今から楽しみでしょうがないのだが、とりあえず7月前半を過ぎて、4アーティスト4本のライブを終えました。



先ずは10日新宿ロフトで行われたZIGZAG。ルースターズと同時期にデビューし事務所も同じだった事から何かと付き合いが続いている仲間です。現在はVo,G,のヒロシ、Dr,マークの二人で、ずっと活動をしていたわけではなく、色々と紆余曲折ありながら数年前から再稼働したが、現在はベース不在という事でサポートを頼まれたという経緯です。

先日レコーディングも行い、いよいよライブをやる事になったというわけです。

もちろん彼らのライブに参加するのは初めての事でしたが、やはり30年来の知り合いですから何の違和感もなく溶け込む事が出来ました。ストレートな3ピースバンド、これに勝るスリリングさはない。







12日、打って変わってCAJUN MOON BAND 下北沢440でのライブ。3月15日の延期分。

年に1回か2回しか活動しないこのバンド。別にやりたくないわけではなく、なかなかスケジュールを合わせるのが大変なんです。でも、そんなこんなで結成7年を迎えるとは笑える。



この日も東京の暑さはハンパなかったからか、会場に着くなりみなさん生ビールをぐびぐび。セッティングの段階から飲んでしまっていた。

昨年8月以来のライブとあって、色々と思い出しながらリハーサルを進める。

リハが終わると恒例の隣の都夏で早速前打ち上げ。いい感じになった所で本番が始まる。

しかし、いざ本番に入るとバシッと音が絡み合うのがこのバンドの凄い所。半ばコミックバンドの勢いも増しながら、笑いもあるが、壮絶なプレイも炸裂するという、奇妙なバンドへと進化しつつあります。ほんと楽しいなあ!




個人的にですが、この日のどうしてもやりたかったカヴァー曲を披露出来たのも良かった。

久保田麻琴と夕焼け楽団の星くずという曲。

以前、女性シンガーの岩下清香さんのアレンジをした時にこの曲を取り上げた事がありましたが、最近偶然にもこの曲を耳にする機会が幾度かあって、これは何か自分に必要ではないのかと感じたのでした。


こちらがオリジナルの久保田麻琴と夕焼け楽団



岩下清香バージョン





15日、band HANADA 横浜サムズアップ。このバンドのある意味ホームグランド的場所のサムズアップ。

いつも言っていますが、阿吽の呼吸というのでしょうか、もう何も動ずる事が出来ないようなサウンドのまとまりよう。こちらも唯一無二なバンドに進化しつつあります。

この日は時間的余裕もあり会場でのリハーサルを珍しく(笑)念入りにやっていた。その時点で候補曲にあがっていた数曲を結局本番ではやらなかった。花田裕之の気まぐれさは多少は知ってはいるが、あれはいったいなんだったんだろうと?今振り返ると不思議だなあ。








17日、NANO-MUGEN FES に佐野元春 & HKB で出演。ASIAN KUNG-FU GENERATIONが中心となり’03に始まったフェスティバル。



今回のHKBはブラスセクションなしで、ギターは藤井一彦とシンプルでワイルドな編成。先月ファイナル公演終えたばかりだったので、バンドの息はずれる事なく短いステージを成し遂げた。

出演者もそうだからやはりオーディエンスも20代を中心とした若い世代が多く、彼らから見れば大人なバンドに映ったかもしれないが、円熟を増したロックとはこういうもんだというのを感じ取ってもらえたらいいのだが。





一週間で4アーティストのライブを終え、あたふたしながら今週(7月18日)明けからフジロックでの新企画「苗場音楽突撃隊」のリハーサルを。


まだまだ忙しい夏は続くぞ!