3ヶ月後に

 6月18日、19日、佐野元春 & THE HOBO KING BAND のコンサート。東京国際フォーラムで行われた。
昨年デビュー30周年を迎えた佐野元春。その年の夏頃からアニバーサリーイベントが開始し、パート1、パート2と経て今年に入って、僕も参加するホーボー・キング・バンドとのツアー、パート3「ALL FLOWERS IN TIME」が始まった。


パート1は井上鑑率いる超絶バンドとのコラボのスポークン・ワーズ。パート2は次世代の仲間とジョイントしたコヨーテ・バンドとのツアー。
そして往年の名曲の数々を大団円に展開したホーボー・キング・バンドとのパート3そしてファイナルへと。


30年間全くと言っていいほど休みなく音楽を作り続けて来た佐野元春、その楽曲の数たるや膨大なものだし、僕の知ってる限り世界で一番音楽的振り幅の広い人だけに、こうでも分けなくては収拾がつかなかったのかもしれない。というかこれでもまだまだ全然網羅出来てないというのが本人の感想だと思いますが。


ファイナルシリーズの大阪城ホールでは、たくさんのスペシャルなゲストが登場し、もう二度と見る事が出来ないであろう素晴らしいセッションが繰り広げられた。ざっと羅列させてもらうと、スカパラ・ホーンズ、ラブ・サイケデリコ、藤井一彦、佐橋佳幸、伊藤銀次、杉真理、片寄明人、堂島孝平、山口洋、スガシカオ、山下久美子、深沼元昭、それからスピーチで登場した野茂英雄。とこんなメンバーが一堂に会する事なんてそうあるもんではないよね。
さしずめ僕はラストワルツの The Band のメンバーになりきったように、このシチュエーションを楽しんでいました。
ゲストコーナーを終えても、この日のギグは最後まで気を抜く事なく、びしっと締まった演奏を展開。佐野さんもメンバーも最高潮に達する勢いでした。




この大阪城ホールが3月6日に行われ、この勢いで東京のファイナルを迎えるはずだったが、震災で延期になり、ようやく先日開催する事が出来ました。
その日から止まっていた時計の針がようやく動き出したかのようです。



国際フォーラムでのファイナル2デイズも無事に大盛況のうちに幕を閉じました。今回はゲストはなし、中盤からG,佐橋佳幸が参加のみで、バンドだけで3時間に渡るライブを2日間、この3ヶ月を瞬時に凝縮したようなライブでした。

佐野さんはいつもより穏やか雰囲気を醸し出していた。このフォーラム用リハーサルの段階からなんとくそんな感じを受けていたのですが、本番もいつものような棟梁っぷりは発せず、至って冷静にステージを組み立てこなして行ってるようでした。
こちらもつられてというか、その指揮に準じて演奏したという感じですね。
終わってみるとあっという間に過ぎて行った2日間でした。



いや、内容的には凄く濃くて熱い演奏が展開されていたと思うのですが、なんと言いますか、一音一音を噛みしめて演奏するような、自分でも驚くくらい焦りなくプレイしていたように思う。というかそういう事が出来るようになったのかという、自分に対しても再確認した次第だ。
わーっと盛り上がって熱くプレイするのも大好きだけど、自分の仕事をきっちりと正確にこなすというのも気持ちの良いもんである。
また一つ違う境地へと誘われたような感触を受けました。今後が楽しみでもありますね。






淡々と

 6月11日、12日と花田裕之「流れ」に同行させてもらった。
11日は富山県の高岡市にある「カフェポローニャ」。オーガナイザーの渡辺氏に富山空港でピックアップしてもらい高岡へ。高岡駅から30分ほど車で走るとのどかな田園風景に変わって来て、その田んぼに囲まれた中にあるカフェでライブ。



こんなにのんびりとリラックスした環境でライブが出来るなんてなかなかないよね。



花田裕之とのジョイントライブは過去にも何度か演奏しましたが、基本的に彼が一人で弾き語りをしている所に僕が邪魔しないように割り込むという感じかな。
いつものように淡々と進行する彼のスタイルにはこういう雰囲気がぴったりでもある。





12日は京都西院にある「ウーララ」。ここも初めてのライブハウス。昨日とは打って変わって地下にあるまさにライブハウスといった場所。京都にも色々あるんだな。ちょっと吉祥寺とか中央線沿線にあってもおかしくないような感じがした。

この日はあいにくの雨で、本番頃は大雨に近い状況だった。だからといって演奏にどうこう影響するわけではないが、心無しかテンションが上がってこないのも否めないかな。

まあ、そういう状況でもなにも動ぜず、いつものようにやるのが花田スタイルで、この夜のギグも淡々と進行していた。
でも途中ちょっと何か察したのか、急に予定外の曲をやりだしたり、意外な展開に興味が沸いた。



以前も述べたと思うが、こういうアコースティックスタイルでルースターズの曲を演奏するのもなかなか面白い。




「流れ」に同行させてもらった2日間。旅自体も淡々としていたかな。ワイワイガヤガヤするでもなく、飛行機に乗って電車に乗ってと、ライブをしてお酒をちびちびと飲んでとほんとに淡々と時間が過ぎて行った感じがする。
これはこれで居心地の良い旅だった。


追伸
twitterに同姓同名の方がいたようで、僕のアカウントはtomioinoueです。

Facebook & twitter

 6月5日日曜日、つい一昨日というか昨日も朝まで下北沢で飲んでたのに、またまたスタッフと晩飯でもと下北沢へ。老舗ブルースバーへ。
有名なお店なんだが30年近く前に行ったきりで全然足を踏み入れてなかったお店。確かその時は鮎川誠さんに連れて来てもらったんだった。
そうそう、思い出した。




そんでくつろぎながら飲んでる中、フェイスブックに一応名前だけ登録したとか、ツイッターには随分前に登録はしているが、一言もつぶやいた事がないのに時折フォローのメールが来るのはどういう事なんだ?と話していたら、じゃあ今つぶやきましょうよと催促されついにデビューしました。


2軒目に突入したところで、ばったりDOD MOM GODのメンバーと遭遇。イヤーびっくり。
でもおかげで池畑さんとはフジロックの苗場音楽突撃隊の話も進められたし、冷牟田君とはブルートニック再結成話も飛び出たり(これは実現するかは…?)で、面白い話題で盛り上がった。


早くに帰るつもりだったんだが、おかげで午前様で、起きるのが辛かった。
6日の月曜日は恒例の斎藤ネコさんの劇伴レコーディング。午前11時音出しの録音で、まだすっきりと目もさめてない状態に、初見の譜面は多少慣れたとは言えやはり緊張するんです。
まあ、無事にさくっと終えほっとしましたが。



というわけでFacebookもtwitterもデビューしました。
TOMIO INOUEで検索してみてください。よろしく!

band HANADA@daisy bar

 6月3日、下北沢のデイジーバーでband HANADAのライブが行われた。
そう3月11日あの日に予定されていたライブの振替でした。

その日の事を思い返すとはやり不安な気持ちがまた甦ってきそうにもなった。随分日時が経過したような気もするが、まだ3ヶ月も経っていないわけだから当然だと思う。

あの日、ちょうど確定申告の時期も迫ってたりで、諸々自宅で作業中に地震が起こった。確かに経験した事がないほどの揺れだった。だが幸い我が家は何も倒れたり落下したりというのもがなかったので、普段だったらニュース番組にチャンネルを合わせる所だが、早く作業を終わらせないとライブのリハーサルに間に合わないと急いでいたので、何の情報もチェックしないまま車に飛び乗り下北沢へ向かった。そこで初めて携帯電話が不通なのに気づき、ラジオのニュースで大変な事態になっていると知り、怖くなって慌てたのを憶えている。


当然ライブは中止でしたが、その日のライブがようやく出来たので、仕切り直しというか、一区切りついたような感触を受けた。





band HANADA、先月も長野でライブをやったばかりですので、リハーサルの段階から息がぴったりで気持ちよい。
花田裕之は、つい先日福岡でZの方のルースターズ公演を終えたばかりで、その影響かわからないが、いつにも増してアグレッシブなプレイを展開していた。
会場も熱くていい雰囲気の中、俺も普段に増して盛り上がっていたと思う。終演後は何だが清々しい気分にさせられた夜だった。





再開です

 いい加減更新せい!と言われているような気にもなっていたのですが、更新をする機会を逸してしまいどんどん月日が経っていました。
溜めてしまうとどこから手を付けてよいのやらわからなくなって半ば放棄していました。
こういう状況以前にも幾度となくあって、日記を書いていないのが少しプレッシャーになってどこか落ち着かないのです。
その都度もう止めようとも(ブログを)思うのだが、結局は続けてみようと判断するのだ。

もちろん震災後の事でもあったし、何をどう発信してよいのやらというジレンマにも苛まれていました。


いやー、もう誰も見てくれてないかもしれないけど…、また再開しますか。


4月、5月と個人的には色んな出来事がありましたが、もう、ばーっと省いて近況報告と言う事にしましょう。



先週末5月20日、22日と布袋寅泰の30周年アニバーサリーライブ第2弾が代々木競技場と大阪城ホールで行われました。
2月に行われた第1弾はBOØWY〜COMPLEX〜GUITARHYTHMへの変遷を辿るという内容でしたが、今回はGUITARHYTHM以降を中心に構成された。前回もそうだったが、とにかく膨大な数の楽曲の中からの、それもその時代時代のベストセレクトだけに濃密なセットリストでした。





他のメンバーは、Dr,中村達也、Key,奥野真哉、Pro,岸利至、B.Vo,JILL、中村敦というみんな過去にバンドバツ1かバツ2は経験済みの強者揃い。
中盤にGLAYのTERUがゲスト出演するというスペシャルなコーナーもあり会場をかなり盛り上げていた。
アリーナ席のど真ん中で、3ピースでのアコースティックセッションも異色な展開で趣を増していたのではないかと思う。
あんなに長いセンターステージへの花道を歩いたのは初めての事だった。何か気分がいいもんである。



それにしてもこんなに8ビートを刻む演奏も最近では他にない。このシンプルなビートは時折魔法がかかったように色んな表情を見せて異空間へ誘う。ただ体力も必要とされる演奏なのでそう簡単にはそういう境地へ辿り着けないのだ。
そういう意味では音楽を充分に楽しんでいるのだが、終わった後は過酷なレースを踏破したような達成感に浸っていた。





これ花びらで出来ていた。凄い!




今回もスーツでした。
暑くて大変だけど、やはり気持ちも締まる。