苗場音楽突撃隊 '12

苗場より戻ってきました。今年は前夜祭から含め四日間とも天気に恵まれました。その分暑くて疲労も増したかもしれませんが、雨よりはやはりフェスの醍醐味が感じられました。

苗場の電波状況が非常に悪くて、少しはツィートはしてましたが、なかなか繋がらないので後半はあきらめてました。そりゃあの山奥に一気に4万人以上の人が集まるわけだから仕方ないですが。
そんなわけで久しぶりにブログにでも掲載しようと思います。


苗場音楽突撃隊(Dr,池畑潤二、G,松田文、B,井上富雄)の模様を振り返ると、27日の初日はまず突撃隊の3人で登場し「太陽にほえろのテーマ」「スパイ大作戦のテーマ」の2曲をインストゥルメントで演奏した。(このスタイルは3日間とも同じ)
最初のゲストは、Big Willie's Burlesque presents 'The New Recessionaires'からリーダでDr,のビッグ・ウィリー、Keys,マイク・ボイト、Sax,ビル・アンガーマン、そして最高にセクシーなダンスで魅了したカロリーナ・セリソラが参加し、「Taboo」「ST.Thomas」を披露。タブーではDee Dee FeverのKeicotも参加し例の「ちょっとだけよ〜あんたも好きね〜」のMCをやってくれた。あの苗場食堂のステージが妖艶な雰囲気に包まれた。

その流れを引き継ぎつつKicotのソロで「Proud Mary」。ティナ・ターナーのバージョンに近いがロックフィーリング溢れてかっこいいステージングでした。

27日ラストのゲストは浅井健一。昨年も参加してくれましたが、二年連続で参加とありがたいです。「20th Century Boy」「Lazy Crazy Bluse」「Do the Boogie」と今年は全編カヴァーを選曲。また違ったベンジーの魅力が引立ったのではないでしょうか。


28日二日目。最初に登場していただいたのは日本のRock Legend仲井戸Chabo 麗市。面識はありましたが、一緒に演奏するのは今回が初めて。とても光栄な事です。
チャボさんの選曲は、「Rain Fall」「I'm walking to New Orlesns」「ルイジアナ・ママ」の3曲。そうそう今回の突撃隊のテーマはニューオリンズでもあったのですが、そのラインに沿って実に見事なセレクトでした。
チャボさんとは旧知の仲の、完熟トリオでフジロックに参加していたKey,Dr.Kyonも急遽セッションに加わり、まさにニューオリンズ色濃いステージが展開。やっぱあかっこいいでしょう!男で、大人で、ロックで、言うことなしです。

二人目は、こちらは博多の伝説のシンガーソングライター、山部善次郎。
山善さんはまずオリジナルの「Boogie baby」ロッカーズがカヴァーした事で有名な「かわいいあの娘」「キャデラック」に3曲に続きプロコルハルムの「青い影」オーティス・レディングのTry a little tenderness「少しだけやさしく」と2曲とも素敵な日本詩で披露。
山善がやると全てが山善節。渋かったあ。博多ビート炸裂したなあ。


29日三日目。最初のゲストは何とMCで活躍のクリス・ペプラー。意外かもしれませんがベースが凄く上手いんです。と言うわけで僕とツインベースで演奏する事に。先ずは「20th Century boy」をルーズなシャッフルブルースにアレンジしクリスが歌も披露。あの声で歌うんだものそりゃかっこいいさ。

そしてモーサムトーンベンダーの百々が加わりThe Whoの「My Generation」。間奏ではクリスと僕とでベースバトルを展開。こんな経験は初めて。面白かったなあ。
それから百々のソロでオリジナルの「高架下の幽霊」ルースターズの「Sitting on the fence」を百々が歌う。何だか若々しい気分にさせられた。

そして突撃隊最後のゲストはギャズ・メイオール。彼が率いるTrojansからバグパイパーとバイオリニストを従えてステージに登場。もちろん演奏曲はあの「リンゴ追分」。
ちょっと名前を忘れて申し訳ないのですが、ネパールから来たフルーティストも参加しました。とても美しい音色で観客を魅了していました。
ギャズはさすがに盛り上げ上手で、一気に会場を野外ダンスフロアーに様変わりさせ、オーディエンスは最高潮に達していた。ラストにふさわしい大団円で幕を閉じた。


ざっとこんな展開の苗場音楽突撃隊の三日間でした。昨年とはまた趣が変わって少し大人ぽかったり、ワールドワイドな展開になって来ているかな。

'12のフジロック、もちろんですが色んなステージで色んなアーティストも見ました。ちょっと悔やまれるのは、この突撃隊の出演時間と被って好きなアーティストのライブが見れなかった事かな。まあ致し方ない事ですが。
来年、苗場音楽突撃隊の出演があるかどうかはわかりませんが、またフジロックに参加出来ればいいなあと、終わったばかりだけど切に望むところです。