First tour start

昨年10月に発表したアルバム"After the dawn"

いよいよそのアルバムを携えてのツアーが始まります。

まずは2月28日の下北沢440を皮切りに、3月14日渋谷ビートカフェ、3月20日名古屋サンディーズ、3月21日大阪フラットフラミンゴ、4月3日博多ベーシック、4月4日小倉ギャラリーソープ、4月24日仙台ディンプルズ、とソロでツアーという形は初めての試みです。
2月28日下北沢440以外はどれも一人弾き語りのアコースティックライブになります。
先日もこのブログに書きましたが、"Peaceville"と題して東京では弾き語りライブを数回重ねてますが、それを他の場所でも行えるのがとても楽しみで今からソワソワワクワクしています。
それと同様にやはりバンドでの演奏もとても大事なものです。"After the dawn"は全編バンドサウンドですので、ほんとの意味でのアルバム発表ライブという形ではあります。
ここへ来てアルバム未収録の楽曲も良い出来栄えになってます。メンバーの息も合って今とても良い状態にあるのは間違い無いです。バンドサウンドでしか出せない世界もあるし、どんどん新境地開拓することをみんなで楽しんでいます。
僕は音楽に対しての冒険はあまり拒まずにやって来たと思います。幅広いジャンルだし影響を受けたりモチーフにする素材の地域性も時代性も多岐に渡っています。
僕の音楽は断片を垣間見ただけではなかなか伝えづらい物があるかもしれませんが、アコースティックギターを爪弾いて歌うのもベースソロをブリブリ弾き倒すのも根本は同じです。僕の内面から出て来る何かであることに変わりはありません。
音楽に限らずこういう垣根を超えた向こうに新しい世界や自分の姿が見えて来るのだと思っています。
ただそうやってる事が楽しいだけでもありますが。