再開です

 いい加減更新せい!と言われているような気にもなっていたのですが、更新をする機会を逸してしまいどんどん月日が経っていました。
溜めてしまうとどこから手を付けてよいのやらわからなくなって半ば放棄していました。
こういう状況以前にも幾度となくあって、日記を書いていないのが少しプレッシャーになってどこか落ち着かないのです。
その都度もう止めようとも(ブログを)思うのだが、結局は続けてみようと判断するのだ。

もちろん震災後の事でもあったし、何をどう発信してよいのやらというジレンマにも苛まれていました。


いやー、もう誰も見てくれてないかもしれないけど…、また再開しますか。


4月、5月と個人的には色んな出来事がありましたが、もう、ばーっと省いて近況報告と言う事にしましょう。



先週末5月20日、22日と布袋寅泰の30周年アニバーサリーライブ第2弾が代々木競技場と大阪城ホールで行われました。
2月に行われた第1弾はBOØWY〜COMPLEX〜GUITARHYTHMへの変遷を辿るという内容でしたが、今回はGUITARHYTHM以降を中心に構成された。前回もそうだったが、とにかく膨大な数の楽曲の中からの、それもその時代時代のベストセレクトだけに濃密なセットリストでした。





他のメンバーは、Dr,中村達也、Key,奥野真哉、Pro,岸利至、B.Vo,JILL、中村敦というみんな過去にバンドバツ1かバツ2は経験済みの強者揃い。
中盤にGLAYのTERUがゲスト出演するというスペシャルなコーナーもあり会場をかなり盛り上げていた。
アリーナ席のど真ん中で、3ピースでのアコースティックセッションも異色な展開で趣を増していたのではないかと思う。
あんなに長いセンターステージへの花道を歩いたのは初めての事だった。何か気分がいいもんである。



それにしてもこんなに8ビートを刻む演奏も最近では他にない。このシンプルなビートは時折魔法がかかったように色んな表情を見せて異空間へ誘う。ただ体力も必要とされる演奏なのでそう簡単にはそういう境地へ辿り着けないのだ。
そういう意味では音楽を充分に楽しんでいるのだが、終わった後は過酷なレースを踏破したような達成感に浸っていた。





これ花びらで出来ていた。凄い!




今回もスーツでした。
暑くて大変だけど、やはり気持ちも締まる。