2月中旬 '11

 前回のブログで一段落したと書きましたが、ライブが一旦落ち着いたというだけで、その他の仕事が結構たまっていて余裕無しという状況でした。


先週(2月6日)は斎藤ネコさん劇伴録音から始まる。今回はホーンセクションとの同録で迫力あって盛り上がる。馴染みのメンバーだらけだったので息も合います。


しばらく通ってなかった整骨院にも行く。かなり固まっていると言われた。確かに首肩やばい。

さらに内科院にも行き、古からの友人が経営している美容院にも行った。
いつもそうだが院とつく場所には必ず立て続けにまとめて通うようだ。

古からの友人というのは北九州で高校時代に一緒にバンドをやっていた仲間なんですが、横浜の方で美容師をやっているというのは噂に聞いていたけど、なんと美容院を十数店舗経営するほどの成功っぷりにやられました。もちろん腕も確かでした。


週末(2月11日)からは大阪でレコーディング。ライブで大阪に来る事はしょっちゅうだけどレコーディングは初めてだった。
それもあまり聞いた事のない旭区の芸術創造館という所の中にあるスタジオだった。最初はそんな所にちゃんと録音出来るスタジオなんかあるんかいな?半信半疑で行ってみたら、そこには東京のスタジオに引けを取らない立派な設備が施されていて驚いた。これなら問題ないという感じ。



そんでなにをやって来たかというと、その昔’80年僕がまだルースターズに在籍していた頃、同時期に同じ事務所からデビューした京都のバンド「ZIGZAG」というのがいまして、その当時彼らが東京に来た時には一緒に遊んだりしていた仲のバンドでした。

その後、’90年頃Vo,Gの三木ひろしとは、池畑潤二と幻の3ピースバンド「H・J・T」というのを作ったりした事もありました。

それから彼らは彼らなりに紆余曲折ありながら近年またZIGZAGとして活動を再開したらしく、今のところベースプレイヤー不定だったので、「ベース弾いてくれへんけ?」と新録でアルバムを作成するというオファーが来たので引き受けたという経緯です。
前述した三木ひろしとDr,マークとの3ピースバンドでのセッションを3日間で11曲、怒濤のような勢いで収録してきました。
当時パンクバンドと言われていたジグザグですが、もちろんいろいろと変化はしてると思いますが、今聞くとパワーポップロックバンド言うか、なかなかポジティブな勢いのあるバンドだなあっと改めて感じた。
凝縮した充実感のあるレコーディングを大阪で体験してきました。

発売予定は夏前頃とか?


スタジオの向かいにあるレストラン。
欧風でイスタンブールとはどうゆう事やねん、と関西の方々言ってはりました。





でもトルコライスなるもの、オムライスにトンカツが乗ってデミグラスソースがかかってなかなか美味い。


東京へ戻るなり今週(2月14日)もネコさんの劇伴録音からスタート。今月は毎週のように入ってるなあ。
新キャラも発表になり増々盛り上がるNHKのスタジオだった。
昨日まで大阪でやってたのとは180度違うのも、我ながらなんだか可笑しくなってくる。


2月15日、グランドギャラリーレーベルのレコーディング。今回はキーボードプレイヤーの堀江博久のセッションに参加。
堀江君はコーネリアス等僕より一世代下のアーティストに絶大な信頼を受けている人気キーボーディストです。他のメンバーはTICAのG,石井マサユキ、GREAT3のDr,白根堅一。
と、それぞれ個人的には面識もあったが、一緒に介して音を出すのは初めてでとても新鮮な感触だった。
僕だけちょっと年上でしたが、音楽を通じて世代を超えられるのも楽しい。今後はこういうの増えてくるんだろうなあ。