egypt 6

7月9日金曜日、エジプト最後の朝。
ホテルでビュッフェ形式の朝食。思えばどのホテルも朝食は美味しかった。
自分好みのメニューを選べるというのもあるし、無難な食材が多いというのもある。それにパン類は外れはなかったかな。

腹ごしらえが済んだ所で先ず向かったのは「「ムハンマド・アリ・モスク」。
イスラムは金曜日はお祈りの日なので午前中の早い時間に見学する。
カイロの少し外れの高台にある「シタデル」。12世紀頃に十字軍の侵略を阻止する目的で建設された城塞都市。



その中にムハマンド・アリ・モスクはある。



モスクの中に入るのはこれが初めてで少し神妙な面持ちで敷地内へ。
入り口で靴を脱がなければならない。入ると神社と同じように手を洗う場所がありそれからモスクの中へ。
床一面に絨毯が敷き詰められ、天井は繊細な装飾が施され否が応でも神聖な気持ちになる。









ルクソールの片方のオベリスクの代わりにフランスからもらった時計台がここにある。
しかしずっと前から時計は止まったままだと。


次に向かったのは、エジプトに来てここは絶対に外せない「エジプト考古学博物館」。



事前に多少の予習はしておいたが、この膨大なコレクションを短時間で見るのはとても無理。
とりあえずはガイドにめぼしい展示品の解説を受ける。
中でも目玉はやはりツタンカーメンの財宝だろう。
黄金のマスク、黄金の人型棺、玉座や装飾品、どれもが目を見張る物ばかりで心奪われてしまった。
ガイドの説明後は少しの自由時間。歴代のファラオのミイラ室の見学という選択肢もあったが、今回は見送ってとりあえず館内を駆け足に近いが一通り全展示物を見て回った。
この博物館をじっくり見学するならば2週間は時間が必要だろう。


最後の観光場所は大きなスーク(市場)がある「ハン・ハリーリ」へ。



狭い路地にお店がひしめき合っていて、地元の人も賑わっている。
お土産物もたくさん売ってあるが、どこの観光地にも売っている物が多く、特にここにしかないというのはあまりなかったと思う。
一通り歩いてカフェで休憩。ミントティーと水タバコで最後のエジプトを満喫。



流暢な日本語で全行程を的確且つ詳細にガイドを務めてくれたエジプト人のサラムさんと。



イスラムはお祈りの時間が近づいて来た。
こちらの旅もそろそろ終わりを向かえる。



今回の旅は初めての事が多くいろいろと良い経験をさせてもらった。
エジプトはもちろんアフリカ大陸に足を踏み入れたのも初めて。
アラブの国、イスラム教の国に入ったのも初めて。
当然英語文化圏じゃないというのも初めて。
今まで海外というと都市部かリゾート地しか行った事がなく、今回のような歴史的建造物等を見学して回るというのも初めて。
出来るだけ多くの遺跡を観光したかったので、旅行会社が提供するパックツアーに参加したのも初めて。
あー、それに気温が軽く40度を超えるような国も初めて。
バスの中からしか見なかった事だが、スラム街の様子は厳しい物があった。
貧富の差が激しいというのもこの国が抱えている問題の一つだろう。
そういった状況をこの目で見たのも初めてだった。

でもやはりこの国の中にある素晴らしい遺跡の数々、美しい自然に触れられた事がなによりの体験だった。