studio days

6月2日、奄美大島出身の女性シンガーのレコーディング。
久しぶりに彼女の声を聞いたが、いい感じに落ち着きもあって揚々としていた。


6月3日、オルセー美術館展を鑑賞。
ポスト印象派と題し、フランスを代表するようなゴッホ、セザンヌ、ゴーギャン…等日本人にも馴染みの深いアーティストの絵画がなんと115点も。
以前見た事のある作品も多少あったが、また改めて違った印象を持ったり、やはり生で見る芸術には力がある。
芸術を鑑賞するというのは、その作品を通して自分自身と向き合うとい事も再認識した。なんてね…。
食事をとらずに出かけたので、途中からワインとかフロマージュとかクロワッサンとかが頭のかを占めて来たりで、所詮そんなもんだよな。



国立新美術館は初めてだった。
故黒川紀章の設計で噂に聞く通り壮観な建築物だ。






6月4日、一昨日と同じプロジェクト。
俺は久しぶりにウッドベースで参加。
かっこいいテイク。仕上がりが楽しみだ。


その後、渋谷のスタジオへと移動。珍しく月曜日ではない日にそれも夕方から斎藤ネコさんの劇伴レコーディング。
もちろんCMBも集合。けっちゃんとは同じ行程。
いつものように楽しく進んで行った。