日曜の朝

日曜の朝。

佐野元春から「ハートランドからの手紙」が届いた。

アルバム "After The Dawn" によせて。

なんも言えん。感謝です!

 

 

ハートランドからの手紙#2019.11

井上富雄の新作アルバム「After The Dawn」を聴いた

80年代中盤、自分が「カフェ・ボヘミア」というアルバムで音楽シーンに切り込んでいった時、ほぼ時期を同じくして、同じ匂いのするバンドを知った。ブルートニック。博多のポップ・ロックバンドだ。そのバンドでメインを取っていたのが井上富雄だった。時は英国からの新しい音楽が毎日のように聞こえてくる、そんな活気を帯びた時代だった。当時、NHKで音楽番組を持っていた自分は、会ったこともない彼らではあったけれど、同志のような思いもあって、彼らの曲をかけた。

それから10年後、自分の新しいバンド、ザ・ホーボーキング・バンドを立ち上げた時、井上富雄にベーシストとして参加してもらった。アルバム「フルーツ」のセッションが僕らの最初の仕事だった。以降、長年に渡って、僕らは共に音を奏で、旅をして、道を渡ってきた。

彼はベーシストとしてよく知られているが同時に非凡なソングライターでもある。それを証明したのがこの新作「After The Dawn」だ。

安定したサウンドだ。そこには、巧みなコード進行とハーモニー、リリック、適切なバンドの演奏がある。何よりも、くすんだ感情をロマンティックに唄いあげる富雄の唄がすばらしい。最初の音が流れてきた時、僕は心踊った。すぐに身を任せることのできる音楽は、そう多くない。しかしアルバム「After The Dawn」はどの曲も僕の心を捉える。

日常で傷ついているのは子供たちだけではない。むしろ今の時代、魂の救済が必要なのは大人たちだ。そんな大人たちに寄り添う、洗練されたロック音楽が求められている。それをアダルト・オリエンテッド・ロック=AORと言い換えてもいい。井上富雄の新作アルバム「After The Dawn」がまさにそれだ。

仲間が創りあげたいい音楽を聴くのはこのうえない喜びだ。

2019.11.15
佐野元春

AFTER THE DAWN

JUGEMテーマ:音楽

個人名義としては第2作にあたる “AFTER THE DAWN” 

第1作は2003年に発表した “up!up and away“ でしたが、このアルバムは全編アコースティックサウンドで繰り広げられたものでした。

その当時としての思いはソロ作品の架け橋的なイントロ作になればと考えて臨んだ記憶があります。その後も続けてバンドサウンドのアルバムを作る予定ではいましたが、Cajun moon band であったり Barrier Gates 等のユニットの活動も並行していたので、ズルズルと16年も過ぎてしまいました。

今回のアルバムはそういった意味では初のソロアルバムと言っても過言ではないでしょう。

バンドメンバーは,G.尾上サトシ、Key.五十嵐慎一、Dr.田中徹とここ数年ライブを共にしている今一番息の合ったメンバーと制作しましました。どの曲もライブで披露済みの曲だったのでレコーディングはとてもスムーズに運びました。

古いものは僕が28歳くらい、30年前に作った楽曲も入っていますし、昨年作ったばかりのものもあります。大袈裟に言うと僕の半生を凝縮したような内容になってるのかな。

当初は10曲入りのフルアルバムと考えていましたが、8曲入りのミニアルバムと言いますか、少し曲数を減らしコンパクトなアルバムにしました。というのもレコーディングを進めていくうちに早く次のアルバムも制作したい欲求にかられ、それならばコンパクトな作品をコンスタントに発表して行く手もあるなという思いからです。ですので次回作も1年も空けずに発表予定しています。

まあ、なにはともあれまずはこの作品を手にしてもらえると嬉しい限りです。

 

10月25日 下北沢440でのライブ会場に於いて発売開始します。

通販及びダウンロード配信は11月から開始。詳細は追ってご報告します。

 

 

ONE WEEK LATE PARTY

ONE WEEK LATE PARTY

TOMIO INOUE LIVE

 

July 12 '19  SHIMOKITAZAWA440

Open 7:00 Start 7:30

Adv ¥4,000  Door ¥4,500 + drink ¥600

 

下北沢440 

03-3422-9440

TOMIO BAND 3月20日下北沢440

TOMIO BAND 3月20日下北沢440。

   

 

今年に入って2回目のトミオバンドライブ。

前回のライブからキーボード加入でサウンドの幅が広がり色々と可能性も見えてきたので、

今回のライブでは、ずっと保留にしてた新曲を完成する事が出来た。

インストゥルメンタルと歌物も。インストゥルメンタルが出来るのもこのバンドの醍醐味なんで少しづつ増やして行きたい。歌物に関しては、ここ最近は等身大の曲が書けるようになってきて、アンサンブル含め割とスムーズに進展させる事が出来るようになって来たと思う。

 

   

 

今までの曲もこの4人編成のバンドに合わせたアレンジを施し、また新しい形になって蘇ったのも嬉しかった。

前回まではアコースティックコーナー(僕がアコースティックギターを弾きながらという)を設けていたけど、何故ならバンドスタイルが難しいように思えたのでそうしてたのだが、新たなアレンジで今回はベース一本で行けたのも良かったように思う。

 

  

 

とにかく終わってみてある程度の達成感を味わったし、みんなと楽しい時間を共有できるのは喜ばしいことですね。ご来場の皆様ありがとうございます。

最後に短いリハーサル時間で、無茶振りもあったかしれない僕の要望に応えてくれたメンバーに感謝したい。

 

 

Set List

’18.3.20 @ 下北沢440

1st

01.Think About

02.寝ぼけ眼

03.赤茶けた街の太陽

04.虹のかけら

05.夜間飛行

06.Snow Cherry

 

2nd

07.Peace Of Mind

08.Stick Attack

09.蜃気楼の彼方

10.土曜の夜と日曜の朝

11.Entangled Spiral

12.Bridge Over Dawn

13.Across The City

 

En

14.Right Step

15.Morning Dew

 

  

下北沢CCO#3

井上富雄アコースティックライブ with 尾上サトシ。

6月10日下北沢CCOでのライブは今回で3回目でした。

回を重ねるごとに充実感が増してます。この小屋にも慣れてきたし、そもそも二人だけでシンプルなアコースティックライブがどういうものかなと探ってきましたが、今回のライブで形が見えてきました。

いい意味で適当に気も力も抜いてリラックスした演奏が出来ればと心がけて望んではいるのですが、前回まではその適当に抜きながら良い演奏を演るというのがなかなか塩梅が難しいものだなと感じてました。先月の小倉のライブから段々と選曲、アレンジと絞れて、演奏スタイルも固まって来たように思います。

小さなスペース小さな音でも良いバイブレーションが発信出来たかなという感触があります。

どんなシチュエーションでもこれが大事なんだなと思いました。

このバイブレーションが会場にいた皆さんと共有出来たのなら嬉しいかぎりです。

とにかくこのセットはいつでもどこでも演れるのがわかったので続けて行きたいと思います。